「お金を稼ぐ技術」の正体

お金を稼ぐ技術とはなんだろう?稼いでいる人でさえ実はあんまり理解できてなく、稼いでない人はもっと理解できてないままコンプレックスになっている人もいるので、本質的に稼ぐって何なのかを語ってみました。

日本酒離れの原因は和食離れではなかろうか?

若者の日本酒離れについて書きました。
今、日本酒の消費量が多いのは米どころか、日本酒の産地でなおかつ田舎な所。
日本酒の文化があっても都会でビール文化が強い所はビールに押しのけられてるんです…。

時々、情報商材に騙されぎみの人が相談に来るんです…

久々にブログレッスンをしてきた。

ブログレッスンの概要:【求む】ブログ教えるからメシおごって!!

今回教えた人は…なかなか抱えているものが難儀でした。

それほど文章が書けない・楽しくないのに、情報商材経由で「あーしなさい」「こーしなさい」と言うものを習ってしまっていたため、僕ぐらいのレベルの人が読むと「やらされている感が酷い」ブログでした。

バカ高い商材ではなかったのが不幸中の幸いですが…初心者で勤め人には絶対できないようなことを、理論や意図をきちっと説明しないで押し付けられていたため、その仕組みを1つ1つ説明して、誤解を解いていくのに時間を費やしました。

その人との時間は楽しかったのですが…その人の抱える問題の根深さはすごいものがありました。

というのもですね、過去にも「イケダハヤトに憧れている」とか「ブログサロンに属している大学生ブロガーさんがアマゾンプライムを紹介しているから」とかアフィリエイトありきの相談者が来たのです。

…憧ればっかりで、どうしてそのブログが儲かっているか、どうやったら自分も儲かるかを分析していないブロガーさんが時々うちに相談しに来てしまうんです…。

一定数被害者がいて、ネットに「やらされてる感」のひどい文章、「誰かの真似っ子が個性的だと勘違いしている文章」が溢れかえってしまうのは誰も幸せにしない。

そこで、僕のスタンスとそういう「患者」への処方箋を書くことにした。

紹介時々、情報商材に騙されぎみの人が相談に来るんです…の続きを読む

「プロ」の女

伊丹十三の映画みたいなタイトルだけど…これは伊丹十三映画に出てくるような女性とは対極のお話。

伊丹十三映画…具体的にはマルサの女、ミンボーの女、スーパーの女などに出てくる女性は、男以上に本気で打ち込むお話。

その正反対…つまり、仕事に打ち込む前の段階で女であることを理由に本気で相手にされない、本気でビジネスをしたい人は本気で能力を評価してくれる男を見つけないと、女性がビジネスに本気を出すことができない…とか、いうそういう話。

伊丹十三映画っぽいタイトルにした意味は…最後まで読むとわかるから最後まで読んでね。

紹介「プロ」の女の続きを読む