今年のプロ野球の明暗を分けたのはファンに女性層を取り込めた球団か、オッサンがくだをまくコンテンツから脱却できなかったかどうかでしょ?

 

まだ後半戦に入ったばかりで「どこが優勝するか」についてはわからないけど…Aクラス・Bクラスぐらいはくっきりと分かれ始めちゃってるから…僕の中で勝手にまとめてしまおうと思う。

というのもね…ギリギリBクラスにいる中日でこんな事件があったんだって。

中日平田激怒!ファンのヤジに応戦…数分収まらず 

ヤジで喧嘩してる選手と言うと…僕はどうしても阪神のイメージが拭い去れない。

今年、Bクラス予想の中まだ争いに参加しているから中日もよくやってるとは思うけど…根っこは古い球団なんだなぁ〜。

今年勝ってる球団の多くはファン層や文化レベルからして違うし…。

紹介今年のプロ野球の明暗を分けたのはファンに女性層を取り込めた球団か、オッサンがくだをまくコンテンツから脱却できなかったかどうかでしょ?の続きを読む

ブロガーの賞味期限は「人気になってから2年以内」である3つの理由。

こんな記事を見かけた。

ブロガーの賞味期限ってあると思う?

結論から言うと、ある。

そして、それは「人気になってから2年以内」に訪れる。

…と、2012年から、2016年までコンスタントにブログ記事をホットエントリさせている僕が言っても「お前の存在自体が、お前の説を否定してるじゃん!」と言われかねないから、きっちりと説明する。

紹介ブロガーの賞味期限は「人気になってから2年以内」である3つの理由。の続きを読む

【フリースタイルダンジョン】ディスでは倒せないラッパー「崇勲」の弱点を予想する

昨日のフリースタイルダンジョンを、僕のブログを知る人と(電話をつなぎながら)一緒に見ていた。

すると、ビジュアルから見るとキャラが立ってない崇勲というラッパーが、ラップバトルで勝ち抜いてた。

f:id:TM2501:20160511134438j:plain
#RAPSTREAM CO-SIGN feat. 崇勲(『KING OF KINGS -FINAL UMB-』2015年チャンプ)|COLUMN[コラムより

ビジュアル的にも、ラップ的にもそれほどキャラが立たない人。

そんな人が、ラッパー達から罵られても罵られても、罵られた言葉を吸収して「それが俺だ」と「等身大の自分」を構築して行くスタイルに、過去の放送回で人気のラッパー達が立て続けに負けていった。

そして、いよいよ勝ち抜きバトルの中でも、めったに登場しないラスボス「般若」まで辿り着いた。

f:id:TM2501:20160511135208j:plain
般若がフリースタイルラップを地上波で披露! UMB優勝以来7年ぶり

 

般若vs崇勲という戦いを前に僕は

「こんなに、ラスボス到達を祝福できない(釈然としない)チャレンジャー、見たことない」

「勝ってるのに、構造がヒップホップっぽくないからまったく気持よくない人が登りつめちゃった!」

とモヤモヤしていた。

すると、電話の向こうの人から

「あなたのブログ上・ネット上のバトルスタイルも、崇勲っぽいですよ。」

と指摘された。…そうなんだよ。だから余計に、思うところがあるんだよ。

紹介【フリースタイルダンジョン】ディスでは倒せないラッパー「崇勲」の弱点を予想するの続きを読む

むしろ、ネットオタクにこそ「フリースタイルダンジョン」をオススメしたい。

ヒップホップとネット(特にテキスト文化)は、一見すると「ヤンキー」と「オタク」だから真逆じゃん?でも、両方とも「コテコテ」な人はやってることが近いから、オススメしたい。

しかも、ネットオタクがしてることをちゃんと表舞台に出てきても大丈夫なルックスを整えたマッチョなりイカツイやつが、「即興」でやるからかっこいいんだよな!

・そもそもフリースタイルダンジョンってなんぞい?

エミネム主演の映画『8 Mile』などで、日本でも注目を集めたフリースタイル(即興)のラップバトル。『BAZOOKA!!!第7回高校生RAP選手権』などの影響もあり、若い”バトルMC”は増えています。しかし、バトル MCを生業とすることは非常に難しく、「ラップで立ち直ろう!」「ラップで生きて行こう!」と夢を描く少年たちの未来は、決して明るくないのが現状です。

この『フリースタイル・ダンジョン』は、そんな若きラッパーたちが夢をつかむためのチャンスの場!日本全国のフリースタイルラップの猛者が、5人のスゴ腕ラッパー=“5人戦士”たちに挑みかかり、即興ラップのうまさを競っていきます!

フリースタイルダンジョン|テレビ朝日

ざっくり言うと、「即興ラップのバトルをして、審査員がどっちが勝っていたかを判定する」という深夜番組。

ラップのうまさ…と説明にはあるけど、相手とのバトルだから口喧嘩的な側面も入る。リズム感・韻を踏む上手さだけではなく、相手のミスやディスれる部分を見つけてディスったり、逆にうまい所を褒めながらも上乗せしたり…と言った駆け引きをリズムに乗せて歌い上げる。

そして、この深夜番組は、ネットで公開されてるから、是非とも見て欲しい。

紹介むしろ、ネットオタクにこそ「フリースタイルダンジョン」をオススメしたい。の続きを読む

あけましておめでとうございます。/今年はとにかく自分のことをしようと思います。

あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いします。

 

…ベタではございますが、今年の抱負でも書いていこうかと思います。

 

めちゃくちゃ説教臭いので、読みたい人だけどうぞ。

紹介あけましておめでとうございます。/今年はとにかく自分のことをしようと思います。の続きを読む